このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本赤十字社 中四国ブロック血液センター
  • よくある質問(Q&A)
  • サイトマップ
  • トップページ

サイトメニューここまで


本文ここから

【KEEP on LOOP】学生ボランティア出演!献血PR映像を撮影しました

更新日:2015年11月17日

 今年度のKEEP on LOOP活動の一環である「献血PR映像」の撮影が全て終了しました!
 撮影は、広島県・香川県で10月22日~11月3日にかけて行われ、中国四国地方の多くの学生
ボランティアが出演しました。
 今回は、その撮影の様子を紹介します!

映像の内容

 学生ボランティアの日頃の活動風景や大合唱の映像を通して、見た方にインパクトを与え献血の重要性を訴える内容となっています。
 楽曲に小田和正さんの「たしかなこと」を使用し、学生ボランティアの献血に対する『想い』を映像と歌声で伝えます。

10月22日、23日 in広島修道大学(広島県)

 広島修道大学にご協力いただき、学内での献血の呼びかけの様子や授業を受けている様子、
学食で食事をしている様子などを撮影!
 撮影には、実際に広島修道大学に通っている学生ボランティアが授業の合間に参加してくれ
ました。何度も撮り直しながら納得のいく映像が撮影できました!
 この映像により、学業の合間に献血推進活動に協力している学生ボランティアがいることを
伝えたいと思います。

1023_1

1023_2

10月25日 in高松市立中央公園(香川県)

 映像の中で1番の見どころ!「合唱パート」を撮影!
 当日は雲一つない暑い中での撮影でしたが、自分たちの献血に対する「想い」を伝えるため
に、何度も何度も撮影を繰り返しました。
 また、撮影と同時に学生ボランティアの歌声の録音も行われ、最初はリズムが合わなかった
歌声も、工夫しながらみんなの呼吸を合わせようと努力していたのが印象的でした。
 映像はもちろんですが、ぜひ学生ボランティアの歌声にもご注目ください!

1025_1

1025_2

11月3日 inイオンモール祇園(広島県)

 この日は、広島県の学生ボランティアが主催しているイベント「秋の献血キャンペーン」の様子
を撮影!
 学生ボランティアの活動風景を撮影し、映像を見た方に普段の活動の様子を知っていただける
映像になったのではないかと思います。

1103_1

1103_2


 普段経験できない映像撮影に参加した学生ボランティアは、「貴重な体験になった。みんなで
歌ってより結束が強まった。」「自分たちが考えてきた内容が形になろうとしていると思うと感動
した。出来上がりが楽しみ!」といった話をしてくれました!

 なお、映像の公開日については後日、当HPでお知らせいたします!お楽しみに♪

集合

本文ここまで

サブナビゲーションここから

KEEP on LOOP 私たちの献血が命をつなぐ。

ブロック内血液センター

  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。鳥取県赤十字血液センター
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。島根県赤十字血液センター
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。岡山県赤十字血液センター
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。広島県赤十字血液センター
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。山口県赤十字血液センター
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。徳島県赤十字血液センター
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。香川県赤十字血液センター
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛媛県赤十字血液センター
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。高知県赤十字血液センター
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。血液事業
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。献血をしたい
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。LOVE in Action
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。学生献血推進ボランティア
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。赤十字運動月間 人がいま、試されている
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。献血サポーター
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。複数回献血クラブ
  • 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。第12回いのちと献血俳句コンテスト
サブナビゲーションここまで

ページトップへ
以下フッターです。
Copyright © 2012 Japanese Red Cross Chugoku-Shikoku Block Blood Center All righrs reserved.フッターここまでこのページのトップに戻る